となみ織物 仙福屋宗介 角帯 伊藤若冲の世界より 梅花藻 紹巴織 7694678 梅 伊藤若冲の世界 作家 男物 しょうはおり 色:茶系 色:緑系 人気定番,大人気 ——77,000円

伊藤若冲の世界より 梅花藻柄の角帯この角帯は、紹巴織という織り方で製織しています。 ※こちらは未仕立てとなっております。『紹巴織』とは、経糸を覆い隠すように細密に緯糸を筬打ちし、柄を作る織り方です。隙間なく織り目を詰めた織物ですので、ギュッと結ばれると緩みにくく、形も決まる、結ばれる方のことを考えた織物です。伊藤若冲の筆による「梅花藻」を織りで再現しました。この図柄は、その小さな花に蝶が寄ってきた景色を描いた可憐なものです。梅花藻とは、清浄な湧き水が豊富なところにしか生えない、淡水性の藻の一種です。夏の時期に白やピンクの梅に似た五弁の小さな花をつけるところから名づけられました。
【仕様】
長さ×幅:約480cm×10cm
重さ:約258g
素材:絹
仕立て:未仕立て
生産:日本